Top > セラミドが不足すると

セラミドが不足すると

pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2foga%2f1008410%2f1012071%2f%231499437&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2foga%2fi%2f1499437%2f" target="_blank">  ★新商品!★人気急上昇中!〓【セラミド】.〓(3個セット・3ヶ月分)<毎日のスキンケア、乾燥...

 

セラミドは肌の水分を保つ為の保湿機能と、外部からの影響を守るバリア機能があり、とても大切な役割を持っています。
いつまでも潤いのある肌で居たいと思う人が殆どですが、生活環境の変化や加齢やストレスなどでセラミドは減少してしまい、それによっていろいろな症状が出てくるのです。
冬になるとカサカサになってしまい、乾燥肌で悩む人がいますが、これもセラミドが不足しているということが原因にでます。
加齢やストレス以外の原因としては、綺麗にしたいという思いから肌のお手入れをやり過ぎると言った事があげられます。
肌の洗浄は悪いことではなく、汚れを落とすことはとても大切なのですが、洗いすぎるとセラミドも皮膚から流れでしてしまう事があるので、やり過ぎには注意する必要があります。
セラミドが不足してしまうとかゆみが発生し、かいてしまうことから角質が傷つき、さらに水分が蒸発してしまうといった悪循環を引き起こします。
そのままにしておくと敏感肌や肌荒れが悪化してしまい、肌のトラブルが増加してしまうため、セラミドを補給をして潤いを保つことを行うことを心がけましょう。
肌だけではなく、髪の毛のセラミドが不足するとパサパサで潤いのない髪の毛になってしまうので、トリートメントやパックなどを行い、美しい髪を維持しましょう。

 

 留学  賃貸マンション  節約  結婚相談  競馬    英語
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
セラミドを保つ為には(2009年5月23日)
セラミドが不足すると(2009年5月23日)
セラミドの効果(2009年5月23日)
セラミドの種類(2009年5月23日)
セラミドとは(2009年5月23日)