Top > セラミドの種類

セラミドの種類

セラミドには種類があり、大きく分けると馬などの動物性の天然の物と、肌にある成分と100%同じ構造で合成した活性型とに分けることが出来ます。
天然のセラミドは数種類の活性型セラミドや、コレステロールなどが混合しているものになり、肌への浸透や効果はとても良いのですが、商品の価格が高くなってしまうのがデメリットといえるでしょう。
活性型セラミドは1から7までの系統があり、1と3と6が減少してしまうと、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などを起こす要因となってしまいます。
肌や髪にあるセラミドなど、存在する場所によって種類や役割が違い、番号がつけられているのです。
活性型セラミド1は水分保持や乾燥肌の人に合い、活性型セラミド2は皮膚のバリア機能を高めて髪の毛の痛みやパサパサを治す効果があります。
活性型セラミド3はアトピー性皮膚炎の治療にも使われ、肌のバリア機能と保湿効果が高くなっています。
活性型セラミド6は老けてみられる原因であるシワやたるみを改善し、髪の毛にも栄養を行き渡らせるという効果があります。
合成セラミドは各会社が様々な商品を開発し、髪の毛のキューティクルを守るタイプやアトピー性皮膚炎や敏感肌様のスキンケア商品などが発売されています。

 

 口臭をなくそう  SEO  商品先物取引  稼げるグーグルアドセンス
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
セラミドを保つ為には(2009年5月23日)
セラミドが不足すると(2009年5月23日)
セラミドの効果(2009年5月23日)
セラミドの種類(2009年5月23日)
セラミドとは(2009年5月23日)